←次の日記最新の日記前の日記→


2018.2.27(火)  

山の三月 東風吹いて

昭島・歌声喫茶の2月が終わろうとしています。

「どこかで春が」を歌うこの時季になると、実際に春の気配が少しずつ感じられます。そんなわけで、「ソーラン渡り鳥」「雪の降るまちを」「なごり雪」「灯台守」などなど、冬の歌を味わう季節もそろそろ終わり。暖かな春が待ち遠しい反面、終わるとなると冬の情緒が名残惜しいという、なんとも勝手な心持ちです。

↑春の気配が少しずつ感じられます。

さて、春がやってきて4月になると、ここ昭島・歌声喫茶は“5周年”!! これからも懐かしい歌を楽しむこの場を盛り上げていきたいと思います。初めての方、お一人の方もどうぞお気軽にご参加ください。4月の最終週の回では5周年記念のお楽しみ企画もご用意しています!