←次の日記最新の日記前の日記→


2018.8.6(月)  

ときはめぐり また夏が来て

8月の亀戸・歌声喫茶です。今週は関東に台風が迫ってくるということですが、今日のところはまだこの夏特有の厳しい暑さが続いています。会場までいらしていただくだけもひと苦労ですね。せめてこのひととき、しばし暑さを忘れて楽しんでいただければ幸いです。

8月のこの時季にこそ歌いたい歌がたくさんあります。平和への祈りをこめて「長崎の鐘」。長崎のお盆の風物詩「精霊流し」。東京の盆踊りと言えばやはり「東京音頭」。

仙台七夕祭りの情景が浮かび上がるのは「青葉城恋唄」。ちょうど今日、8月6日から三日間に渡って、仙台では街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされる七夕祭りが開催されています。旧暦7月7日の行事であった七夕を、その本来の季節感にあわせてこの時期に開催しているそうです。その情景を想像しながら歌を口ずさむだけでも、涼しげな気分になれますね。

↑この季節にこそ歌いたい「長崎の鐘」「精霊流し」「東京音頭」「青葉城恋唄」などなど。

ところで亀戸・アンフェリシオンさんでの歌声喫茶、今回から会場となる部屋が変わりました。これまでの部屋と広さや造りは同じなのですが、床や天井の色合いやライトの具合がより落ち着いた雰囲気。次回からもこちらの新会場で開催する予定ですので、ぜひその心地よさを味わってみて下さい。

※亀戸・歌声喫茶は予約制となっております。お手数ですが会場のアンフェリシオンまでお電話でご予約(当日予約も可)の上、ご来場ください。